プリの気持ちをいつまでも・・・。

カテゴリ:生体工学研究所3考察総合( 9 )

生体工学研究所3考察完結編。

更新するたびに記事が一番上に来るようにしました。

未完成な状態ですが載せてみる事にしました。
後日加筆修正しながら完成させられたらと思います。

最新日記は↓(下記)の日記になります。

※AX追加、SNの記事SS追加

この完成を持って一つの区切りとしたいです。
[PR]
by rohasshy | 2006-12-15 19:01 | 生体工学研究所3考察総合

生体工学研究所3考察完結編

更新するたびに記事が一番上に来るようにしました。

未完成な状態ですが載せてみる事にしました。
後日加筆修正しながら完成させられたらと思います。

最新日記は↓(下記)の日記になります。

この完成を持って一つの区切りとしたいです。
[PR]
by rohasshy | 2006-12-05 18:30 | 生体工学研究所3考察総合

SN単体殲滅

代表的と思われる殲滅方法、3パターンをあげます。

※SNのタゲを前衛が取っていることを前提に書きます。
(爆裂前DSメインだけは例外があります。)

SN爆裂前(DSメインで殲滅)
DSの攻撃が届く範囲から強引に倒すことも可能。

支援が注意することは
スナイパーがSNのタゲを誰も取っていない状態にもかかわらず
DSなどで殲滅(攻撃)に取りかかった時
SNは射程外でもスナイパーの攻撃に反応して反撃してくるので
ニューマをスナイパーに置いてあげること。(SS参照)
e0104953_2372733.jpg

ギリギリの距離からDSで攻撃をしかけると
砂の攻撃エフェクトが見えない・聞こえないことがあるので
スナイパーのDSエフェクト、HP(ヒットポイント)の減りを見て
SNに攻撃をしかけているかどうか判断してスナイパーにニューマをおく。
DSで攻撃中に爆裂されてしまって、攻撃があたらなくなった場合は
下記の対処法に移行する。

SN爆裂後(FA&HDメインによる殲滅)

爆裂後はスナイパーといえども
ヒットさせることは容易ではないので
必中FAとAMPHDorHDによる殲滅が中心になる。(詳細はSS参照)
e0104953_2251813.jpg


SN爆裂後(QM5使用による殲滅)
上記との違いは、QM5&高ヒット弓が
ある場合に爆裂中でもスナイパーの
攻撃があたるという点。
爆裂前の状態と同じように
DSメインで殲滅可能。(WizもHDでの攻撃を並行して行う)
支援が注意するべきことは
WizがQMを使用するため
前方に出なければならないときがありますので
支援もwizの盾になるように同調して
前に出る。
e0104953_1929448.jpg


注意
10セル取ることができない場合は
LDを試行するか、強引に倒しに行くこと。(詳細はSS参照)
e0104953_2253822.jpg

複数戦になりそうなら潔く退くこと・・・。
即湧き・横脇時は後衛(回復財などを使っても耐えられないキャラ)が
タゲられていないときは、支援は回復財を使ってでも
LDを優先的に通すこと。
後衛などが攻撃されているときはニューマを優先的に通したあとに
後衛の安全性が確保されてからLDを試行すること。


SNの状況(爆裂前、爆裂後)、スナイパーの特性に合わせて
上記殲滅パターンを柔軟に組み合わせながら
殲滅することが理想です。
もちろんこれ以外にも殲滅方法はあります。
(膨大な情報で書けません;;。)
[PR]
by rohasshy | 2006-02-01 00:10 | 生体工学研究所3考察総合

LK殲滅までのプロセス

殲滅する過程は結構単純なものです。

まずLKの存在が認識されてSG撃つ準備に
取り掛かると感じたときに
支援はまずSWをウィザに置くか、サフラを施行します。
(SG詠唱中はハイドによる回避は不可能なためSWを置きます。)

前衛がSG範囲までLKを釣り込みます。
e0104953_1259590.jpg


SGに巻き込む前に前衛がLKに対して
プロボックをすることがありますので
そういう時は前衛にSWしてあげると安全性が高まります。
(弓手の攻撃によるダメージ蓄積が目的)
e0104953_1303252.jpg


共闘目的も兼ねて前衛と共にHLで氷を割り
そのあとLAによるダメージアップを狙います。
e0104953_132935.jpg

大抵の場合ウィザのint値がよほど低い数値でなければ
一回のSGで殲滅できると思います。
e0104953_1331152.jpg

(役割を記憶してしまえばルーチンワークになります。)

注意点
ラグなどでSG不発・ヒット数の減少があった場合は
氷割りは控えてJT・SGを待ちましょう。
慣れないうちは弓手の方にも常時SWをしてあげると
良いかもしれないです。
支援職でLKの攻撃に耐えるのが困難な場合は
共闘後、ハイドしてやりすごして自衛したほうが
安全性が高まります。
単体であっても火服換装を忘れずに・・・。
[PR]
by rohasshy | 2006-02-01 00:04 | 生体工学研究所3考察総合

AX単体殲滅過程

LK殲滅過程と酷似していますが
書いてみることに・・・。

はじめに前衛がAXを釣ります。
中衛支援は前衛がAXにタゲを受けた位置よりも
深入りいないようにLDを試行する。(詳細はSS参照)
e0104953_18521392.jpg


LD成功の是非に関わらず
前衛・後衛(弓手)と共に
氷割を兼ねて共闘HL、状況によってはLAも合わせて行う。
e0104953_1852245.jpg
e0104953_18524222.jpg

型に当てはめてしまえば、一番脅威のないDOPです。
e0104953_18525796.jpg


注意
このように(SS参照)SG完了後に生き残ることがありますので
LDが通っていれば、SSのようにLAを入れて殲滅早めるのがベストです。
その際、AXに攻撃を受けているプレイヤーがいた場合
そのプレイヤーにヒール連打をしていればSWなどがなくても
十分守りきることができます。
e0104953_185352100.jpg
e0104953_1854058.jpg


LDが通っていない場合は、SB(ソニックブロー)によるスタン・事故死を
回避するためVIT低めなキャラ(弓手・Wiz)に
SWを設置してあげると安全性が高まります。

さらに安全性を高めたい場合は、氷を割らずにJTかSGを待つようにすると
安全性が高まります。
(凍っている間に再度LDを試行してみるのも一つの手です。)

AX殲滅後、VD(ベノムダスト)をかけられたプレイヤーがいる場合
解毒アクセを持っているなら使ってあげると喜ばれます。
[PR]
by rohasshy | 2006-02-01 00:04 | 生体工学研究所3考察総合

Ohter skill

インベナム Lv3 Envenom
必中なので他狩場でも共闘・タゲ取りに
有効なスキルです。
HPに対する共闘(聖属性なのでHLは通らないため)
前衛が異常状態武器を装備してのインベナム使用など
地味に用途があります。
持ち替えに自信があるかたにはお勧めです

ハイディング Hiding
LV1 持続 30秒
カトリとの距離が取れないときにJTを回避するために
使用することが多いスキルです。
FD→(ここでハイド)JT→TS→CB→FBl
カトリが詠唱している間に近づいてきますので
接近を見てSWによる無効化が完成します。
後衛が耐えることが難しいDOP(LK、WS、AX)などに
タゲられた時にも攻撃を回避するために使うことも多いです。
SG時に(SB)スピアブーメランがランダムで
飛んできたり、LKにタゲられたりすることがあるので
それを回避するためにハイドするのも有効です。

解毒 Lv1 Detoxify
AXのVDによる毒状態解除に役立つスキルです。
特に弓手系はsp回復をしない状態を嫌うので
解毒をかけてあげることが望ましいです。
(自分はほとんど使ったことないです。)

クローキング Lv1 Cloaking
進入禁止セルから1セル以内で使用可能
前衛が進行方向の様子を見てくるとき
DOPを釣ったりするときに便利なスキルです。
PT決壊時にクローキングで生き延びる手段も有効です。
オーラDOPには見破られるので
進行方向の様子を見てくるときは慎重に・・・。

サイト Sight
主に対オーラAX時、前衛に使ってもらえると
助かるスキルです。
ハイプリのルアフは有効範囲が狭いので
AXを抱えている前衛に近づかなければならないというリスクを
回避する上でも前衛の方に使ってもらいたいスキルの一つです。
悪魔パッチが適用されれば重要になってくるかもしれないスキルのひとつです。
[PR]
by rohasshy | 2006-02-01 00:03 | 生体工学研究所3考察総合

HiPriest skill

アスムプティオ Assumptio 
LV1 持続 20秒 詠唱 1秒ディレイ 1.1秒消費SP 20
LV2 持続 40秒 詠唱 1.5秒ディレイ 1.2秒消費SP 30
LV3 持続 60秒 詠唱 2秒ディレイ 1.3秒消費SP 40
LV4 持続 80秒 詠唱 2.5秒ディレイ 1.4秒消費SP 50
LV5 持続 100秒 詠唱 3秒ディレイ 1.5秒消費SP 60
説明不要なスキルの代表です。
アスムの切れ目が命の切れ目というぐらい大事なスキルです。
更新の仕方による差異ぐらいでしょうか。
支援者本人はアスム4(持続80秒)、自分以外のメンバーにアスム5(100秒)
マニピ5(90秒)が切れたのを合図にしてアスム5(100秒)
グロリアの持続時間を使った更新・・・。

自己流
自分にアスム5、自分以外のメンバーにもアスム5
ゆとりがあるときに自分以外のメンバーにアスム5更新を続ける
自分のアスムが切れたら上記を繰り返す。
(ディレイとsp効率の点から言うと、評価としてはいまいちです。)


どうしても複数戦を強いられてしまっている状態で
アスム更新が難しく、切れてしまった場合は
アスム1を意地でも通して時間を稼ぐことが求められることもありますので
その辺を留意しておくことが大事になってきます。

※アスムひとつをとるだけでこんなにも好みが変わってくるとは思いませんでした。
※必ずしもアスムがなければ狩りができないというわけではないです。
(移動狩りは厳しいですが)
[PR]
by rohasshy | 2006-02-01 00:02 | 生体工学研究所3考察総合

Priest skill

イムポシティオマヌス Impositio Manus (詳細な説明はアコライトマニアックス様へ)
後衛支援としてスナイパーにかけてあげると
多少の効果を見ることができます。(必須というわけではないです。)
中衛支援としてかけるにはあまりにもディレイが
大きすぎます。

サフラギウム Suffragium
LV1 持続 30 秒 15%
LV2 持続 20 秒 30%
LV3 持続 10 秒 45%
サフラの有効性は対LK,AXをSGで
殲滅することによる詠唱短縮化によって
前衛がDOPに対処している時間を軽減するという
意味でも有効性があります。
しかし、必ずしも必須というものではないです。
ゆとりがあるときにかけてあげてください。

サンクチュアリ Sanctuary
LV7 持続 22秒 定員 20人 回復量 777 /秒 消費SP 33
例をあげるなら、前衛がSNを抱えているときに
HWが追加できたばあい、後ろに設置することによって
サンクによる回復もプラスすることによる
耐久度をあげるのが目的で使います。
あとはSNを抱えているときにニューマの切れ目
ラグ対策にサンクを保険で設置することが
望ましいこともあります。
簡単に言えばバックサンクです。

リカバリー Status Recovery
HWを除くDOP全員にスタンさせる攻撃(スキル)などがあるので
非常に重要なスキルのひとつです。
前衛系DOPならSW→リカバリーによって
ディレイ中でもSWによる保護で時間が稼げるので
優先するならSWの後に使ってみてください。
SNはニューマ→リカバリーで・・・。
対オーラWS時にはセルフリカバリーもお勧めです。
SG時の氷割にも有効ですが、ディレイがあるので
つかうときは接触する可能性が低い場合にのみ
使うとよいかもしれないです。

リザレクション Resurrection  
Lv1 詠唱 6秒 ディレイ 0秒 HP回復量 10%
Lv2 詠唱 4秒 ディレイ 1秒 HP回復量 30%
Lv3 詠唱 2秒 ディレイ 2秒 HP回復量 50%
Lv4 詠唱 0秒 ディレイ 3秒 HP回復量 80%

Lv1ならSW+サンクの後にかけてあげることをお勧めします。
できればLv4ほしいですが、自分のようにキリエにスキルポイントを
使っている人は、正直言うと4振るゆとりがないです;;。
生体3、高レベル狩場を目的としている場合は4がお勧めです。
リザキルにならないように安全なときなど状況を見極めて
使うほうがよいです。
PTを立て直せない状況なら、迷わず帰還をお勧めします。

セイフティウォール Safety Wall
LV7 防御回数 9 持続 35秒 消費SP 40
LV8 防御回数 10 持続 40秒 消費SP 40
LV9 防御回数 11 持続 45秒 消費SP 40
LV10 防御回数 12 持続 50秒 消費SP 40
体感一番使用頻度が高く重要なスキルです。
HWの魔法を3マス以内なら無効化してくれる有名なスキルです。
SWケチって、メンバーおよび自分を死なせることのないように・・・。
(一個456zをどう考えるかは個人差はありますが)
狭い通路などでのSW使用時は、対SNを意識してニューマを置ける
セル領域を意識しながら設置することを心がけることがポイントになります。
(SN即湧きということが結構ありますので)
前衛が前衛系DOPに対処しているときに
保険としておいてあげると安定性があがります。

マグニフィカート Magnificat
ブレッシング、速度増加解説参照

グロリア Gloria
LUK型LKがいる場合、SCに入れておけば
後衛キャラがやられてしまった場合に
LKのみでDOPに対処するときなどに便利なものです。
LUK型がいるときはぜひ使ってあげてください。

レックスディビーナ Lex Divina
LV5 持続 50秒 消費SP 20
AX、HP、HW、SNなどに使うことが
要求されることがあるスキルです。
AX時はSB、VD防止
HPニューマ、LA、スタン攻撃、聖属性攻撃防止(使用は必須ではない)
HWはタゲ取りに失敗して混乱したときに・・・。
SNは10マスとることができないとき、
SNのいる方向に移動したときなどに使用します。
DOPのVIT値だけを参考にしてかかりやすい順に並べると
数値はVIT値 SN(27)>AX(31)>HW(39)>HP(41) 色つき
ディレイ(3秒)、射程6セルと仕様としては
よくないものですので、SWなどを優先したほうが
安定することもあります。

レックスエーテルナ Lex Aeterna
全DOPに対して使う珍しいスキルです。
HWなら共闘後LA、
HPは殴り共闘後、もしくは共闘省略してLA
LK、AXならSG時中にLA
WSなら罠にかけている状態でFB(ファイヤーボール)にLA
SNならHD(ヘブンズドライブ)、FA(ファルコンアサルト)にLA
殲滅力アップによる、戦闘時間短縮(経験値効率アップ)
スキル効率アップによるsp使用量削減など・・・。
ディレイ(3秒)が大きいので使用するときはご注意を・・・。
[PR]
by rohasshy | 2006-02-01 00:01 | 生体工学研究所3考察総合

Acolyte skill

Acolyte skill

ヒール Heal
説明するまでもない代表的なスキル。
大抵の狩場ではHeal連打でメンバーを助けることになりますが
生体3だと逆に命取りになることがあります。
SNならニューマ、他DOPはSWを優先した方が良い・・・。
前衛がHWを遠くから引き寄せるために魔法を
被弾しているときはヒールを惜しみなく与えて上げると
安定性が違ってきます。
(SWが既に前衛に設置されていることが前提です。)
キュア Cure
SNの罠を踏んで暗黒になったとき、
HPのLDによる沈黙などを治療するのに便利なスキルです。
LDによる沈黙無効化はディレイが多いので
キュアが優れているのは言うまでもないです。
複数DOPと対戦して混乱しているとき
後衛(ウィザ・弓手系)にキュアしてあげるほうが
よいこともあります。
速度減少 Decrease Agility

LV1AGI ‐3 移動速度 33%DOWN40秒消費SP 15
LV2AGI ‐4移動速度 33%DOWN50秒消費SP 17
このスキルのメインとしているのは移動速度減少のみです。
PCとmobでは効果が違ってくるので
移動速度減少という点からメリットを申し上げますと
前衛職系(接近戦が得意なDOP)はPCに
接触してくることによって初めてスキルを発動してくるので
移動速度を減少されることにより、サークルトレインしたり
攻撃そのものをさせないという考え方で
使うと便利なスキルです。
失敗時のディレイもないため連打が可能、
成功時のディレイも1000miriなのでかけておいて損はないです。
(詳しくはDOP単体対策のWSを参照してください。)
WizがやられてQM使えない時は、みなしQMとして使うことも
できるかもしれないです。
QMより持続時間が長いので(QM5は25秒間の効果)接触されにくくするために
DAをかけても損はないと思っています。

ブレッシング 速度増加 Blessing Increase Agility
説明不要な有名なスキルです。
持論になってしまいますが、生体3に限っては
切れてからかけるというのは問題があると思っています。
複数戦時によくあったのですが
複数戦を強いられる→支援が切れる→マニピがきれる→アスムが切れる
というコンボを食らって、何度もやられた経験から
持論としては生体3に限っては頻繁とまでは行かないまでも
丁寧に更新していくことが安全性につながると思っています。
ルアフ Ruwach
使いどころといえば、HWのFDを被弾して凍ったまま
メンバーがハイドしてしまったときにリカバリーを
通すためにルアフを使用することがあります。
(凍ったメンバーがハイドアクセの装備から外すことにより
ハイドは解除できるので必要ないこともあります。)
もう一つはAAX時のクローキング解除により
後衛(Sniper)の攻撃を当てられるようにする目的で
使用します。
(前衛がサイトアクセにより、前衛側で肩代わりすることができます)
ホーリーライト Holy Light
HPを除くDOPに対しての共闘(HPは聖属性なのでダメージが通りません)
SG時の氷割り、タゲ取り、
HWの詠唱反応による引き寄せなどに便利なものです。
[PR]
by rohasshy | 2006-02-01 00:00 | 生体工学研究所3考察総合



ROで起こった出来事を扱った備忘録
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30